カフェを開店したからには、1人でも多くの人に料理やサービスを提供したいと思うでしょう。しかしカフェへの集客力をアップさせるには、さまざまなコツや集客方法を抑えておかなければなりません。

当記事ではカフェの集客力アップに向けて最初にすべきことや集客力を高める宣伝方法などについて解説します。

カフェの集客力アップに向けて最初にすべきこと

カフェの集客力アップに向けて最初にすべきこととして、「リピート率を調べること」と「集客出来ない原因を考えること」の2つが挙げられます。ここではそれぞれどのようなことを考えるべきか、具体的にみていきましょう。

リピート率を調べる

まずは店舗のリピート率を調査しましょう。リピート率とは1度来店した顧客が再度来店したかを測定し指標化したものです。リピート率は次の式で求めることができます。

  • 月間のリピート顧客数÷累計の新規顧客数×100

リピート率が店舗の想定する数値より低い場合には、その原因を洗い出し具体的な対策を練るようにしましょう。接客や店内の雰囲気、味などリピートされない理由がどこにあるのかを見極めて、根本的に解決していく必要があります。

一方で、リピート率が十分であれば、新しく獲得した顧客がその後継続的に来店してくれる可能性も高いということになるため、新規のお客様を呼び込む施策に注力することもできるようになるでしょう。新規顧客の集客を行う上でもリピート率を把握しておくのは大切ということです。

集客できない原因を考える

「なぜ集客できないか」という原因を考えることも大切です。カフェで集客できない原因には大きく分けて2つが考えらます。

1つ目がそもそも商品やサービスのニーズが低い可能性です。提供する商品やサービスなどが地域やお客様から必要とされていない場合は、当然ながら集客は難しいでしょう。そのため、顧客がお店に対して求めているものが何かを予め分析する必要があります。

2つ目がお店の魅力を伝えきれていない場合です。提供している料理やサービスが顧客から必要とされるものであっても、その魅力が十分に伝えられていないと、集客には繋がりにくくなってしまいます。店舗の魅力を最大限に伝えるにはどうすればいいのか、宣伝方法を見直すなどの対策が必要となるでしょう。

集客力を高めるお店作りのコツ

店舗の集客力を高めるには、様々なコツを抑えながらお店作りを行っていく必要があります。外観の工夫やイベントの実施など、具体的にどのようなことを実践すればよいのか、確認しておきましょう。

外観や看板のデザインを工夫する

外観や看板のデザインは他店よりも工夫しましょう。「店舗のコンセプトに合わせた色合いにする」「魅力的なキャッチコピーにする」など、デザインへの工夫を凝らすことで、お店のアピールポイントやコンセプトが伝わりやすくなり、集客力を高められます。

ただし、いくらコンセプトを伝えたいからといって情報を詰め込みすぎると、内容が伝わりにくくなり、逆効果ともなりかねません。シンプルさも加えながらバランスを考えることが大切です。

初めてでも入店しやすい外観づくり

初めてでも入店しやすい外観づくりを心がけましょう。例えば、店舗の裏手にゴミ袋が積み上げられた状態では、初めて入店する方に不衛生な印象を与えます。また、外観の塗装が剥がれたままの状態であれば、お客様はお店に対し怪しい印象を持ってしまうかもしれません。

初めてお店を見た顧客にも入ってみたいと思ってもらえるように、店舗の外観が店舗のイメージを損なう状態になっていないか常に気をつけておきましょう。

コンセプトやターゲットに合った内装にする

コンセプトやターゲットに合った内装にすることも重要です。店内がターゲット顧客の求める雰囲気や内装になっていれば、利用した際の印象も良くなり、リピートにつなげやすくなるでしょう。

取り込みたい顧客層は若い世代なのか主婦層なのか、長居して会話を楽しめるような空間にするのか、などターゲットを意識したコンセプト作りと、それに伴う店舗の雰囲気作りを行いましょう。

看板メニューを作る

看板メニューを作ることも集客力を高めるには効果的な方法です。看板メニューはお店の顔というべきものであり、お客様を集めるための目玉の商品となります。

看板メニューを作るにあたっては、前述したコンセプトやターゲットに合わせたメニューにすることが大切です。例えば、若い女性をターゲットにしている場合は、SNSに投稿したくなるような、可愛さやおしゃれさを印象づけるメニューにするのが効果的かと考えられます。

定期的にイベントを開催する

定期的なイベント開催も集客力アップには効果的です。日本ではクリスマスやバレンタイン、ハロウィンなどさまざまな行事があります。これらの行事に合わせイベントを定期的に開催することで、お店のファンづくりにつながります。

また、ラテアート講座やワークショップ形式、コーヒーの淹れ方教室といった体験型のイベント開催も集客やファンづくりに活かせるでしょう。

集客力を高める宣伝方法

集客力を高めるには宣伝方法も考える必要があります。イベントや外観などを工夫しても、お客様に認知されなければ店舗の魅力を伝えることができません。ここでは集客力を高める宣伝方法として4つを紹介します。

グルメサイトへの掲載

最初に紹介するのがグルメサイトへの掲載です。ぐるなびやホットペッパーなどのグルメサイトへ掲載すれば、サイトからの集客を期待できます。高いプランで契約すればサイト一覧の上位に表示することが可能です。

しかし、上記表示ばかりを考えて高額プランにすると、それに見合った費用対効果が得られない可能性もあります。グルメサイトへの掲載をする場合は、予算や効果を含めて現実的なプランで契約するようにしましょう。

SNSを利用した宣伝

近年、さまざまなSNSが普及しています。それぞれのSNSには特徴があり、その特徴を押さえた上で利用する必要があります。ここではSNSを利用した3つの宣伝方法についてみていきましょう。

拡散力を求めるならTwitter

拡散力を求めるならTwitterです。Twitterは140文字の限定された投稿文字数の中で、気軽に情報を発信できます。

リツイート機能を活用すれば情報のシェアができますので情報が拡散されれば一気に情報を広めることが可能です。お店の認知度アップや新メニューのスタートなど容易に情報を周知させられるでしょう。

視覚的効果が高いInstagram

SNSの中でも特に視覚的効果が高いのがInstagramです。Instagramは画像の投稿がメインなので、ラテアートや料理、お店の内装・外装画像を投稿することで、お客様がより店舗やメニューのイメージをしやすくなります。

また、ユーザーは比較的若い女性が多いといわれ、若い女性をターゲットに経営しているカフェとは相性がよいツールといえるでしょう。

コミュニティ作りができるFacebook

コミュニティ作りができるのがFacebookです。FacebookはTwitterやInstagramと比較すると新規のお客様に対するアピール力が低い可能性はありますが、専用ページを作成できる点が魅力です。

自分の投稿や画像を時系列で表示されるタイムラインだけでなく、イベントの宣伝に特化したページも開設できるので、ホームページとしても活用できます。また、自身やお店のファンを集めてコミュニティを形成できるため、お客様との交流を生みやすく、リピート客の獲得にもつなげることができるでしょう。

店前看板による宣伝

次に紹介するのが店前看板による宣伝です。店前看板とはお店の前に設置する看板で、通りすがりの人を対象とした集客方法です。

店前看板を設置する場合はA型看板と呼ばれるタイプがおすすめです。A型看板とは横から見たらAという文字に見えることから名づけられました。両面書きと片面書き、イラストなどを自由に書き込めるタイプなどさまざまあります。

チラシの配布

最後はチラシの配布です。開業のお知らせや初回クーポンなどを添付してチラシを配布すれば新規のお客様の確保につながります。

個人カフェの場合は近隣住民との交流は非常に重要です。チラシの配布で近隣住民と交流できれば、客層を把握できるため効果的な運営ができるようになるでしょう。町内会などと交流することができれば集客アップにつなげられる可能性があるのでぜひ検討してみてください。

まとめ

カフェの集客力をアップする方法や宣伝のコツを解説しました。集客アップを図るにはイベントの開催や入店しやすい外観にするなど、コンセプトにあった施策を練ることが大切です。

またTwitterやInstagramといったSNSや店前看板の設置などを通じて、情報の拡散も同時に行う必要があります。どうすれば店舗にとってより効果的に集客できるかを、お客様の目線にも立って考えてみましょう。

記事のURLとタイトルをコピーする