新店舗やリニューアルなどで店舗周りへの看板広告の設置を検討することも多いでしょう。ウェブサイトやSNSが多く活用される現代においても、実は看板広告は店舗周りの広告媒体として大きな役割を果たします。では、看板広告を検討する際はどの程度の費用を見込めばいいのでしょうか。

今回は、看板広告を検討する際に役立つ、看板広告の種類や、費用を安く抑える方法を具体的に説明します。

看板広告の値段の目安

看板広告は種類によって金額はさまざまです。看板の種類は次の項目で詳しく説明しますが、看板広告のおおまかな目安は下記の通りとなります。

看板の種類 値段の目安
壁面看板 100,000円~350,000円
袖看板・突き出し看板 50,000円~200,000円
自立看板 100,000円~150,000円
立て看板 15,000円~30,000円
野立て看板 80,000円~350,000円

看板の種類

看板広告は店舗の位置や配置の仕方によってさまざまな種類があります。自店や周辺の状況に合わせた看板を検討するとよいでしょう。

壁面看板

壁面看板とは文字通り、店舗の壁面に設置する看板です。店舗の入り口の壁面の高い位置に店舗名や業務内容、複合ビルであれば階数などを表示します。店舗の内容や雰囲気をひと目で伝える巨大な表札のような役割です。

袖看板・突き出し看板

袖看板・突き出し看板とは、壁から突き出た形で店舗名や店舗ロゴなどを表示させる看板です。壁面看板の横の位置によく見られるように、高い位置に設置することが多いです。壁から突き出ているため遠くからでも目に留まりやすいという特徴があります。

自立看板

スチール製などのポールに平らな看板を配置したタイプの看板です。基礎工事を行って敷地内に設置します。道路側に接する駐車場入り口に設置することで、ドライバーを店舗へ誘導させるなどの役割があります。

立て看板

A型看板や電飾タイプの看板、メニュースタンドタイプなどが立て看板にあたります。飲食店や美容院などのメニュー表示として店舗の入り口に配置するのが多く見受けられます。

マネケルのおすすめツール
おすすめツール

PR
一般的なA型看板は重く高価なものが多いですが、A型のぼり看板は盤面が布製のためお手頃価格。オリジナル販促品を取り扱う「のぼりキング」では1セット8,800円のA型のぼり看板を販売中。新商品の発売や季節に合わせて生地を変更するのもおすすめです。

野立て看板

野立て看板は店舗周りに使用するのではなく、ロードサイドや田んぼ、建物の壁面などに設置する広告媒体です。遠方からの利用客を見込んで店名やロゴとともに「直進○km」と幹線道路沿いなどに表示することで、誘導する役割を果たし、新店舗であれば認知度を高める効果も期待できます。

看板広告の値段を決める3要素

先に看板広告の種類と費用の目安を紹介しましたが、同じ種類の看板でも値段には幅があります。看板広告の値段を左右する要素にはどのようなものがあるのか説明していきます。

デザイン費

デザインの細やかさ、配色の数、情報量の多さなど、デザインの内容やかかる労力によって、デザイン費用は高くなります。

また、デザイナーにもよりますが、デザインが最終決定するまでにかける時間が長いほど、デザイン費用は上乗せされていきます。

製作費

制作費とは実際に看板作成にかかる費用のことで、サイズや材質によって値段に大きな差が出ます。手入れの必要が少なく耐久性の高い素材は高額になり、反対に定期的にメンテナンスや交換が必要になる耐久性の低いものは安価な傾向にあります。

ステンレス

ステンレスとは英語で「stainless」、さびない(さびにくい)という意味です。鉄が主成分として50%以上含まれ、その他クロムなどを含んだ合金です。大きなメリットはさびにくく丈夫なため屋外での長期利用に適していることと、重厚で高級感のある見た目です。一方、重くて高価であることはデメリットといえます。

アルミ複合板

アルミ複合板は発泡ポリエチレン樹脂を薄いアルミ板で挟んだ板です。特徴としては、軽くて平滑性があるため加工がしやすい上に、日差しや雨などに強い耐久性があることです。屋外での使用では5年ほどが耐久年数とされていますが、天候状況などによりさらに短くなる場合はあります。ステンレスなどに比べて安価なのでコストをかけたくない場合に向いています。

FRP素材

FRPとは、Fiber Reinforced Plastics(ファイバー・レインフォースド・プラスチック)の略で、「繊維強化プラスチック」のことを指します。軽い上に錆びにくく衝撃にも強い耐久性と、汚れが落としやすいという特徴から、海岸沿いの潮風にさらされるような場所に用いられます。

アクリル

店内の仕切り板としても活用されるようになった、透明タイプの板です。透明感を活かしたデザインや立体感をもたせたい場合に適しています。加工がしやすく厚さも選べるのが特徴です。

木材

ナチュラルな印象や独特な風合いを店舗のイメージと重ね合わせたい場合に向いています。自然素材の木材は水に弱く耐久性も低いため、防腐剤を塗布するなど定期的なメンテナンスが必要となります。

工事費

完成した看板を取り付けるための工事費は、基本的には人件費がほとんどを占めます。したがって、工事にかかった人数と工事車両の台数、足場の設置の有無など、工事の規模が大きくなるほど費用がかかると考えるとよいでしょう。

看板広告の値段を抑える方法

看板に用いる素材や、デザインや工事の規模などによって値段が左右することがわかったうえで、それらの費用をできるだけ抑えるにはどのような方法があるのでしょうか。

看板の素材を吟味する

先の項目で素材別の費用や特徴を示したように、より強くてより使い勝手のよい素材を選ぼうとすると必然的に値段は高くなります。用途によって金属ではなくプラスチックにするなど、条件を譲歩しながら選ぶことで制作費を抑えることが可能です。

サイズを小さくする

看板はサイズが大きいほどに値段は高くなるため、配置場所や必要に応じたサイズを検討することが重要です。また、規格外のサイズではなく、施工業者が指定する規格サイズを選んだほうが加工の工程が減ることから値段が安くなる場合もあるので、施工業者に確認してみるとよいでしょう。

看板のイメージをある程度決めておく

デザイン費は、打ち合わせの回数や時間、デザインの複雑さによって値段は大きく変わってきます。自分である程度デザインやイメージを用意してデザイナーにお任せしたり、内容によっては自分でデザインを起こしたりすることで費用を抑えることが可能です。

まとめ

今回は看板広告の値段や種類、安く抑える方法について説明しました。

看板広告には配置する位置や使用目的によって種類はさまざまです。また、重厚感があるステンレスから自然素材の木材まで素材もさまざまあり、耐久性や加工のしやすさなどの条件が整う素材であるほど値段も高くなります。さらに看板を完成させるためには素材にかかる費用以外に、デザイン費から制作費、工事費などいくつかに分かれています。

かかる費用の種類が意外と多い看板広告の費用を抑えるには、素材を用途に合わせて吟味し、デザインは極力自分で用意しておくなど、かかる条件をそぎ落とすことが重要です。

看板広告に対する理解を深め、自店の顔ともなる看板広告が満足いくものとなるように、最後まで吟味しながら完成させましょう。

記事のURLとタイトルをコピーする