「経験が浅く、店舗経営のやり方が分からない」
「どうすれば店舗の売上を改善できるのか知りたい」

このように、店舗経営について、悩んだ経験はありませんか?ここでは、店舗を持つビジネスの特徴や知っておくべきポイント、安定的に店舗を経営をするためのコツなどについて、詳しく説明します。

店舗を持つビジネスの特徴を知っておこう

店舗を持つビジネスには、以下の3つの特徴があります。

店舗ビジネスに興味があるなら、まずはこれらの特徴を知っておきましょう。1つずつ詳しく説明します。

知名度が上がれば売上を大きく伸ばすチャンスがある

店舗ビジネスはメディアに取り上げられるなどで知名度がアップすれば、売上を一気に伸ばすチャンスがあるのが特徴です。

最近ではテレビだけでなく、SNSを通じて短期間で知名度が急上昇するケースも多くあります。店舗の利益を伸ばすために、SNSで拡散されやすいような商品やサービスを提供する工夫をするのもよいでしょう。例えば、インスタ映えを意識した商品や内装にすることも選択肢の一つです。ただし、短期間で知名度が上がり売上が伸びた場合は、消費者に飽きられれば売上が急落する可能性も高い点はおさえておきましょう。

多店舗展開により事業規模を広げられる可能性がある

開店した1店舗目が好調で、さらに多くの顧客にサービスを届けるために多店舗展開をすれば、さらに事業規模を広げられる可能性があります。

複数の店舗を持つことができれば、一挙に売上を伸ばすことも可能です。ただし、店舗を増やすと元のサービスや商品の質を維持できなくなるリスクも生じるため、ブランドイメージを崩さないように各店舗をマネジメントすることが重要になります。

事業を継続することは簡単ではない

うまくいけば多くの利益が期待できる店舗ビジネスですが、事業を継続するのは簡単ではありません。

たとえばカフェの場合、日本では1年間に約3000店のカフェがオープンしているとされています。しかし、その中で1年以内に閉店してしまう店舗は約半分ともいわれています。「何となくおしゃれなカフェを開業したい」と計画性なしに開業してしまう人も多く、オープン直後から売上が伸びず閉業となってしまうケースが多いようです。

店舗経営をする前に知っておくべきポイントとは?

ここまで店舗ビジネスの特徴について説明しました。そのうえで実際に店舗ビジネスを始めたいと考えているのであれば、まず知っておくべき6つのポイントを紹介します。

業種によっては一定の経験や資格が求められる

業種によっては一定の経験や資格が必要になるケースも。資格を取るためには、その分野の勉強が必要であり、ほとんどの場合試験に合格しなければなりません。資格を取る条件に飲食店への勤務年数など、特定の経験が求められるケースもあるので、業種によっては開業に備えて早めに準備しておく必要があります。

また、店舗経営をする際に必要となる資格は、業種や店舗の面積、収容人数など状況によっても異なります。例えば美容室を開業する場合、美容師の免許はもちろんですが、スタッフを雇うのであれば「管理美容師」の資格も必要になります。開業したい店舗の業種では、どの資格が必要になるかを前もってよく確認しておくことが大切です。

中には資格が必要でない業種もありますが、資格を持つことはその分野の知識やスキルを身につけていることの証明になります。つまり、自身のスキルアップだけではなく、顧客にも信頼感を与えられるため、自他共に大きな強みとなります。開業後の店舗運営に役立つ可能性もあるので、必要に応じて取得しておきましょう。

ライバルの多い業界では生き残りが難しい

店舗経営を難しくしている大きな理由のひとつに、ライバルの多さが挙げられます。日本では、人口が減少している一方で日々多くの店がオープンしています。競争相手が増えれば増えるほど、顧客をライバル間で取り合う状態となってしまい、収益を確保することが難しくなります。

また、競合に勝つために、安価にサービスを提供する店舗も増加していますが、価格競争に巻き込まれて手元に残る利益の割合が少なくなるケースも。価格競争から抜けだすには、競合店と差別化できるように、より独自性のあるサービスを提供する必要があります。

初期投資や家賃に多額の費用がかかる事業もある

初めて店舗を開業する人が最初に直面する課題のひとつとして、開業資金があります。日本政策金融公庫が2020年に行った調査によれば、開業資金の平均は989万円ということです。

とくに店舗のビジネスにおいては、保証金や家賃・改装費用など多額の費用がかかる事業もあります。店舗ビジネスに関心があるならば、出店したいエリアの家賃相場や工事費を調査し、どの部分にどれくらいの費用がかかるのかを事前に計算してみるとよいでしょう。

参考:2020年度新規開業実態調査|日本政策金融公庫

店舗の業態に合わせて立地を考える必要がある

店舗ビジネスの成功を大きく左右するのが立地です。業態別に理想の立地条件は異なるため、ターゲットとなる人がどのような行動をするのか調査したうえで選ぶ必要があります。

たとえば、ラーメン屋・定食屋において、昼間は地元住民、夜は帰宅途中のビジネスマンをターゲットとするのであれば、駅からの帰宅動線やスーパーなどの地元利用者が集まるエリアがよいとされています。オフィスエリアでビジネスマンがターゲットの場合は、オフィスエリアから徒歩5分以内、かつ最寄り駅までの動線上が有効でしょう。

2階以上・地下などの物件の場合は、店舗の位置が分かりにくかったり認識してもらえない可能性もあるので、遠くから確認できる看板や通行人向けの看板などで対策する必要があるでしょう。

人材を雇用するための負担が大きくなっている

店舗経営を持続させるとともに規模を拡大していくうえで、多くの人が気にする部分が人材の確保。多くの店舗がオープンする中、そもそも募集をかけても人が集まらない場合も多いので、給料を引き上げて魅力的な条件を提示する必要があります。

また、スタッフを雇うと、社会保険料や雇用保険料などの負担も発生することから、オープンする前の事業計画上のコストに含める必要があります。

広告費用がかさみやすい

個人経営する店舗の場合、認知度ゼロの状態から店舗をアピールするには大きな費用や労力がかかるものです。オープンしたものの客足が伸びないとなると、チラシや看板などの広告で集客を行う必要があります。

また、広告を打ってもなかなか効果が出ないという場合、広告の運用方法や選んだ媒体が適切でないかもしれません。ターゲットが曖昧だったり顧客のニーズを把握しきれていないと、集客の効果が表れにくい場合も。広告を実施する前に、狙いたい消費者像を明確にし、その層が普段どのメディアを目にしているのかを調査しておくとよいでしょう。

店舗経営をスタートしたら知っておくべきコツを紹介

店舗をオープンした後は、まずは売上の安定化が重要。安定的な経営を行うためには、以下の4つのコツを知っておく必要があります。

これらのポイントを知っておけば、店舗の売上を維持し、さらに伸ばせるチャンスも出てくるでしょう。以下では、店舗経営をスムーズにするためのコツについて、詳しく説明します。

客単価をアップさせる

客単価とは、1人当たりの平均支払い額のこと。客単価をアップさせることで、集客数を伸ばせなかったとしても店舗の売上を確保することが可能になります。

客単価をアップさせる代表的な手法として、クロスセルが挙げられます。クロスセルとは、顧客が購入した商品やサービスと関連するものを同時購入してもらうための販促手法。たとえば、スーツを購入した顧客に対して購入したスーツにあうシャツやネクタイをすすめたり、革靴を購入した顧客に対してシューケアグッズをすすめるといった方法が考えられます。

クロスセルを実施する際には、押し売り感を与えないように、顧客にとってメリットのある情報を伝えることが大切。実際に結果につなげられるかどうかは、従業員の営業力も大切になることも知っておきましょう。

また、支払い方法を増やすことも、客単価をアップさせる方法のひとつ。近年、消費税10%導入にともない、キャッシュレス決済が増えています。現金では購入されにくいような高額商品でも、クレジットカードの利用ができるようにしていれば、購入してもらえる可能性を高められます。

コスト意識で利益率を高める

また、コスト意識を高めることでも、店舗の利益をアップさせることが可能です。

例えば飲食業界の場合は、食材の仕入れにかかる原価を売上の3割前後に抑えるのが理想とされています。コストを抑えるためには、なるべく仕入れる食材の種類を減らし、1つの食材をさまざまな料理に転用できるようにしておくとよいでしょう。

また美容室やサロンの業界においては、シャンプーやカラーリング剤などの費用のほかに、人件費の支出が多くなります。この業界はスタッフの技術が店舗の売り上げを左右するので、人件費を削減するのはなるべく避けたほうがよいでしょう。

見直すのであれば、材料費がおすすめです。理美容業界の原価率は平均10%程度といわれているので、この水準を目指してみましょう。シャンプーなどの仕入れ先の変更を検討したり、より低価格で同程度の効果がある商品がないか、探してみるのもおすすめです。

ここでは飲食業界と理美容業界を例に挙げましたが、業界によって原価率はさまざまです。店舗経営をするのであれば、自身の業界の原価率については調べておくと良いでしょう。

口コミによる集客に注力する

口コミによる集客も、店舗経営をスムーズにおこなうために重要。口コミ集客も、ポイントを押さえて実施することで効果的に売上アップできるようになると期待できます。

口コミと言えばグルメサイトや美容系の口コミサイトをイメージする人も多いでしょう。掲載にコストはかかりますが、良い評価を集めることができれば、安定的に集客を行うことが期待できます。また、最近はGoogleマップ上で店を検索する人も増えています。

Googleマイビジネスに登録しておけば、店の情報や口コミをマップ上で表示できるようになります。無料で登録できるので、試してみて損はないでしょう。

また、口コミを集めるにはインパクトのある看板メニューや商品をつくることもおすすめです。店舗がアピールしたい内容を分かりやすくしておくことで、「あのメニューを一度試してみよう」と考える人が増えます。利用した結果、価格に見合った価値を感じてもらえれば、口コミを投稿してもらえる可能性も増えるでしょう。

時期や季節によって集客方法を変える

集客は、時期や季節によってその効果に大きな影響を与えます。たとえば、ハロウィンやクリスマス、バレンタイン、節分や夏祭りなど、イベントが発生する時期には消費者の購買意欲もあがります。

飲食店であれば、季節に合わせたメニューの変更やイベントの開催。サロンであれば浴衣や成人式に向けた着付けサービスなど、時期に応じて高まる消費者のニーズを汲み取ることで、効率的に集客できるでしょう。

まとめ

今回は、店舗経営というビジネスの特徴や店舗経営を始める際に知っておくべきこと、効果的な店舗経営をするためのコツなどについて説明しました。

スムーズに売上をアップさせるためには、業種ごとに売上を伸ばす方法を理解しておくことが大切です。ここで説明した内容を参考にして、理想的な店舗経営ができるようにしておきましょう。

記事のURLとタイトルをコピーする