2021年現在では、少子化により子どもの数が減少しています。そのため塾の集客は難しい時代へ突入しているともいえるでしょう。しかし集客方法を正しく理解すれば、限られたターゲットを獲得することは可能で、集客が難しい時代の中でも選ばれる塾になることができます。

当記事では、塾の集客方法や、集客に大切なポイントやアイデアなどを解説します

参考:令和2年(2020) 人口動態統計月報年計(概数)の概況

塾の集客方法

塾が効果的に集客を行うには、どのような集客方法やアイデアがあるのかを知り、適切なものを選ぶことが重要です。ここでは塾の代表的な集客方法をいくつか紹介します。

旗や看板の設置

集客方法の1つ目が旗や看板の設置です。看板や旗を設置することで、効果的に塾の存在をアピールできます。

看板や旗の設置によって塾の存在が認知され、時間の経過にともなって知名度の高まりを期待できるでしょう。特にのぼり旗は価格相場が低いながらも、高い集客力は期待できます。設置方法も簡単で、さまざまなデザインから選べるのでおすすめです。

のぼり旗の利用を検討されている人は一度のぼりキングのサイトをご参考ください。

のぼり旗

折り込みチラシやポスティング

折り込みチラシやポスティングも費用対効果の高い集客方法です。チラシには「塾に通っている子どもの感想」「生徒の親による口コミ」などを掲載すれば、信頼度を高められるでしょう。

塾の場合、教室を中心とした商圏となりえるエリアに絞ってチラシを配布すれば、より宣伝効果を高められます。また夏休みや冬休みなどの長期休暇中に学びたい子どもや親は多く、このタイミングを狙っての配布も効果的です。

ただし、さまざまなエリアに手当たり次第チラシを配布してもあまり効果が得られない可能性もあるので注意しましょう。

門前配布は許可が必要

チラシで注意すべきは、学校の門前配布です。門前配布を行うには道路使用許可証を取得しなければなりません。

道路使用許可証とは道路工事や看板設置などで自分の敷地をこえて設置をする場合に申請するものです。万が一、無許可でチラシ配りなどを道路上で行うと3ヶ月以上の懲役か5万円以下の罰金が科せられます。

場合によっては法令を厳守していない塾という悪い噂が流れてしまい、かえって集客に悪影響を及ぼしかねません。門前配布を行う場合は忘れずに管轄の警察署に届け出をし、許可をもらいましょう。

参考:道路使用許可の概要、申請手続等|警察庁Webサイト

授業を無料体験できるイベントの実施

授業を無料体験できるイベントを実施するのも集客効果が高いです。入塾の見込みの生徒を取り込むためには欠かせない方法といえます。

入塾前に「イメージに違いがないのか」「塾の先生とは合いそうか」といった点を確認したい人は多く、無料体験できるイベントは入塾を決定づける大きな要素となるでしょう。継続的な無料体験を行いながら、見込み生徒の集客を図りましょう。

ポータルサイトを活用して口コミを掲載

ポータルサイトを活用した口コミの掲載も重要な集客方法の1つです。集客における口コミの影響は大きく、良い口コミが増えればその分、入塾の申し込み率は向上します。

ただ、口コミの量は自然に増えていくものであり、コントロールするのは難しいでしょう。現在、塾に通っている子どもの親に口コミをお願いするといった工夫も必要になるかもしれません。

口コミが反響を呼び、資料請求数が増加するとその分コストが増加する場合があるので、後述するホームページの充実も同時に図ることをおすすめします。

ホームページの充実

次の集客方法はホームページを充実させることです。ホームページはインターネットが普及した現代において、ポピュラーな集客方法となりましたが、ただ作成しただけではあまり意味がありません。直接の問い合わせにつながるよう、授業料やタイムスケジュール、独自の特徴などを分かりやすく紹介し、内容の充実を図ることが大切です。

SNSの活用

SNSの活用も昨今、効果の大きい集客方法として注目されています。塾の取り組みやお知らせなどを素早く手軽に発信できます。

SNSといってもさまざまなサービスがあり、それぞれ特徴や利用しているユーザー層も異なりますが、おすすめのツールとしてコミュニティ内のつながりや拡散力の強いTwitterやFacebookなどがあります。簡単にアカウントを作成でき、無料で利用できるためぜひ活用してみてください。

塾の集客に大切なポイント・アイデア

ここまでにご紹介した集客方法も、ただやみくもに実践しただけでは本当の意味での集客力は向上しません。効果的に集客するためにもポイント・アイデアを押さえておく必要があります。

注目を集めるキャッチコピーを使う

チラシや看板など、どの集客ツールにおいても注目を集めるようなキャッチコピーを使うとよいでしょう。家事や育児など多忙を極める親は「自分に役に立たない」「そもそも興味がない」といった情報には反応しません。

日々忙しい親に自信の塾に対して興味を持ってもらうには、思わず目がいく魅力的なキャッチコピーが必要です。注目を集めるキャッチコピーを活用できれば、チラシやのぼりなどを使って集客する際も、ひと目で注意を引くことができ、集客の足掛かりとなるでしょう。

エリアを特定してターゲットを絞る

エリアを特定して集客施策を行う対象を絞るのも重要なポイントの1つです。

前述のとおり、塾の商圏は塾を中心としたエリアに絞られるため、その商圏を基準にしながら集客の対象となるエリアを特定し、なおかつ受験を迎える子どもといった具体的なターゲットを絞ることでより効果的に集客できるでしょう。

「受験生向けなのか」「低学年向けなのか」など、塾のコンセプトを明確にしておくことが大切です。コンセプトが明確になったチラシなどは、読み手に塾の特徴や強みが伝わりやすくなり、その結果として集客に好影響を及ぼすでしょう。

口コミがたくさん掲載されるように工夫する

ポータルサイトやSNSでは口コミが多く掲載されるように工夫しましょう。前述のとおり口コミをいかに増やせるかどうかは、集客における重要なカギとなります。

口コミを書き込む人は基本、通塾する子どもや親であり、いかに満足度を高められるかで集められる口コミの数や評価にも差が生じます。場合によっては塾利用者に口コミを依頼するなどの工夫も加えてみましょう。

資料請求や問い合わせ対応は迅速に行う

資料請求や問い合わせ対応は迅速に行うことが大切です。チラシやホームページを見た人からの資料請求や問い合わせ対応が遅い場合、比較対象から外れてしまう可能性があります。

比較対象から外れれば、その結果として他の塾に見込み客を取られ、集客ができないという事態になりかねません。お客様を第一に考え、迅速に対応するようにしましょう。

まとめ

地域に多くの子どもがいた昔と比べれば子どもの数は減少しています。1人でも多くの子ども達を塾に集客するには、正しい集客方法を理解し、実践していかなければなりません。

その集客方法は旗や看板の設置やチラシの配布、インターネットを利用したネット口コミなどさまざまです。ただし、これらの集客方法をただやみくもに実践していては、大きな効果は得られないでしょう。

注目を集めるキャッチコピーを使用したり、エリアを特定してターゲットを絞ったりなど、ポイントやアイデアの駆使が求めらます。ルールはしっかりと守ったうえで、お客様に寄り添った効率的な集客を行ってみてください。

記事のURLとタイトルをコピーする